最新情報

2015年9月9日
アプリゲーム紹介
スマートフォンのゲームが人気の理由
スマートフォンでゲームができるようになったのは画期的でしたね。それまでゲームとは無縁だったような人もゲームをす・・・
2015年9月5日
アプリゲーム紹介
妻のスマートフォンのゲームをしてすごく怒られる
私はスマートフォンのゲームを心から楽しんでいます。 以前からゲームが大好きだったので、ファミコンの時代から楽し・・・
2015年9月2日
アプリゲーム紹介
ハマる可能性が高いスマートフォンのゲームについて
スマートフォンのゲームの多くは課金と無課金によって進捗度合や強さが変わるように出来ており、よりゲームを楽しみた・・・
2015年8月28日
アプリゲーム紹介
スマートフォンのゲームをやり始めて気が付いたこと
私は数年前からスマートフォンのゲームを楽しむようになった中年男性です。 スマートフォンのゲームを楽しむようにな・・・
2015年8月25日
アプリゲーム紹介
ダークソウルは難しいですね
ダークソウルシリーズって辛口のアクションロールプレイングゲームを作ることで有名なフロム・ソフトウェアがシリーズ・・・

スマートフォンのゲームが人気の理由

スマートフォンでゲームができるようになったのは画期的でしたね。それまでゲームとは無縁だったような人もゲームをするようになりました。私もテレビゲームやパソコンゲームは一切やったことがなかったのに、スマートフォンでは様々なゲームを楽しんでいます。

iPhoneやアンドロイドの人気アプリランキングを見ても、ゲームアプリの人気ぶりはうかがえます。総合ランキング上位のほとんがゲームアプリです。スマートフォンにはゲーム以外にも様々な便利なアプリがあるにもかかわらず、こうもゲームばかりが人気であるのは、いったいなぜでしょうか?

スマホゲームが人気のある理由、それは何よりもその手軽さにあります。かつてゲームをするためには数万円のゲーム機を購入し、さらには数千円のゲームソフトを購入する必要がありました。しかし、今やゲームは無料でできる時代。スマートフォンさえ持っていれば、ゲームは無料でダウンロードすることができるのです。「アイテム課金」が社会問題にもなっているため、スマホゲームにはお金がかかるという印象もあるかもしれませんが、統計によれば、ゲームに課金するのはごくわずかな人たちのみのようです。つまり、ほとんどのプレイヤーは無料でスマホゲームを楽しんでいます。やはりスマホゲームは手軽なのです。

さらに、スマホゲームは種類が豊富です。iPhoneでは現在30万本以上のゲームが公表されているとのことで、これは驚くべき数字です。毎日取っ替え引っ替え別のゲームをやったとしても、全てのゲームをやりきることは不可能なのですから。一つのゲームに飽きたら、次のゲームへ、そのゲームも飽きたら、また次のゲームへ。こうやって、常に新鮮な気分でゲームを楽しむことができるのです。なるほど、スマホゲームにハマる人が多いわけです。

スマートフォンの出現によって私たちの生活は変わると期待されたものですが、蓋を開けてみれば、ゲームプレイヤーを増やしただけ?そんな皮肉も言いたくなるほどに人気沸騰中のスマートフォンのゲーム。ますます盛り上がっております。今後も目が離せないことは間違いありません。

妻のスマートフォンのゲームをしてすごく怒られる

私はスマートフォンのゲームを心から楽しんでいます。
以前からゲームが大好きだったので、ファミコンの時代から楽しんでいます。
このようなカセットを買ったりする時代は、一本数千円もするものをどうやってあんなに本数を揃えるまで買っていたのか覚えていないのですが、ほとんどはお小遣いとかお年玉だったのかなと思います。
しかし大人になり結婚をすると、そんなに自由になるお金も無くなり仕事の忙しさもあっていつの間にかゲームをする習慣がなくなってしまっていました。
しかし最近またゲームを楽しむ習慣が戻ってきました。
それはもちろんスマートフォンのおかげです。
スマートフォンのゲームは基本無料で楽しめるので、お財布にやさしく私も心おきなくスマートフォンのゲームを楽しむことができます。
最初はたくさんのスマートフォンのゲームのアプリをダウンロードしていろいろとやっていたのですが、そのうちに面白いゲーム自分に合うゲームがわかってきます。
私はパズルゲームが好きな事がわかり、最近はスマートフォンのゲームといえばパズルゲームになっています。例えばパズドラですかね。一時期パズドラ魔法石増殖バグに命をかけてました。
さてこのパズルゲームはライフが5つほどあり、一つのライフを回復するためには15分から30分くらい時間を待たないといけないものがほとんどです。
すぐにライフを回復させるためには課金をすればいいのですが、お財布にやさしくないので課金をしていません。
そのために私はいつでもライフの回復待ちの状況なのです。
そんなある日、週末でしたが私はひらめきました。
私の家にはもう一台スマホがあることに。
そうそれは妻のスマホです。
妻のスマホにスマートフォンのゲームをダウンロードして遊ぶことにしたのです。
妻に了解をとったので大丈夫だったのですが、そのうちに妻もそのゲームを楽しむようになり事態は急変しました。
私が妻のスマホでゲームをするとものすごく怒るようになったのです。
考えてみたら当然です。
ついには妻のスマホには認証番号を入れないと開けないようにされてしまい、今は自分のスマホのゲームしかできなくなってしまいました。

ハマる可能性が高いスマートフォンのゲームについて

スマートフォンのゲームの多くは課金と無課金によって進捗度合や強さが変わるように出来ており、よりゲームを楽しみたい場合には課金してプレーする事が望ましいものです。例えば刀剣乱舞 絵馬は課金アイテムですがゲームを楽しむためには必須アイテムでした。

現在ではスマートフォンのゲームについて様々なものが発表されており、どのゲームにしても無課金でもある程度楽しめるように作られているものですが、どうしても無課金者には限界が来て課金しないとこれ以上強くなれないというような瞬間が来ます。

それでも無課金の範疇でスマートフォンのゲームについて楽しみつくすという方も居ますが、やはり効率的に強くしたり、有利なキャラやアイテムを手に入れる為には課金が必要な事もあります。

曜日毎に様々なイベント設定がされていたり、定期的な追加ゲームイベントや他業種とのコラボ等を展開して毎日プレーしたくなるような要素もありますし、複数人での対戦が簡単に出来るのも魅力的であり、協力プレーによって有利になる度合も強くなります。

毎日のプレーや課金、協力プレーで有利になるというのは殆どのスマホゲームの共通点とも言えるものですし、ガチャイベントで強いキャラを手に入れるというのは射幸心が煽られて飽きずに何度も行ってしまう可能性があります。

ハマると抜ける事が出来ずに暇さえあれば行ってしまう要素が多く、ハマってしまう可能性が高いものです。

実際に若年層のスマホ課金は問題になった事もありますし、射幸心を煽られる要素に満ちており、継続的に行う事で有利になる要素を散りばめており、またユーザー数を増やす為にも協力プレーを促すような要素が詰まっています。

スマホを立ち上げるだけで簡単にプレー出来て、辞めたい時はいつ辞めても問題無いと言う気楽さが魅力でもありますし、テレビの前でゲームを行わなくなったかつてのゲームユーザーでもスマホゲームにハマるというパターンは非常に多いです。

若年層ではテレビの前でゲームをせずにスマホゲームを主体にしている例も多く、ゲームを始める時には無料で試せる事がゲーム開始へのハードルを下げて、まずはプレーしてみるという事にも繋がります。

スマートフォンのゲームをやり始めて気が付いたこと

私は数年前からスマートフォンのゲームを楽しむようになった中年男性です。
スマートフォンのゲームを楽しむようになってしばらくして気が付いたのが、それまで楽しんでいたものを楽しまなくなったという事です。
人には自由時間が限られており、私のようなサラリーマンの場合は一日のうちの数時間しか自由に使える時間がないのも事実です。
私はスマートフォンのゲームをするのも大好きですがネットのニュースをチェックするのも大好きです。
なのでスマートフォンのゲームをしていない、自由な時間はネットでいろいろなニュースを検索しています。
お気に入りにはスポーツ系のブログを書いている人のサイトもたくさん登録されていますし、大手のスポーツサイトが運営しているサイトも登録してあります。
以前はそれらのお気に入りをくまなくチェックして時間をつぶして楽しんでいました。
しかし今はスマートフォンのゲームをしている時間が入ってきたので何かを犠牲にしているはずなのです。
ブログなどを読む時間が早くなったと言う自覚はありません。
むしろ老眼が始まって記事を読むのが少し遅くなったくらいです。
ということは以前はチェックしていたブログを読まなくなっていると言うことなのです。
そこに気が付いた私はお気に入りに登録してあるスポーツサイトを一つずつチェックしていく事にしました。
野球系の記事は読んでいる、サッカー系の記事も読んでいる、大手のスポーツサイトもくまなくチェックしている事がわかりました。
しかし格闘技のサイトやブログだけは全然読まなくなったことに気が付いたのです。
おそらく格闘技サイトで得られる燃えたぎるような刺激をスマートフォンのゲームをすることで満たしているのだと思います。
私はスマートフォンのゲームを楽しむという事と、格闘技の記事を読むことが自分の中でイコールだという事に衝撃を受けました。
もしかしたらみなさんもそのようにスマートフォンのゲームをすることで失った何かがあるのではないでしょうか。

ダークソウルは難しいですね

ダークソウルシリーズって辛口のアクションロールプレイングゲームを作ることで有名なフロム・ソフトウェアがシリーズ化している伝統的アクションロールプレイングゲームですが、やっぱり普通の人がプレーするには難しいと思うんですよね。

今のゲームってチュートリアルとか豊富に用意されていて、難易度もゲームの途中で変更できたりと、ユーザー視点に立って開発されているものが多いんですが、このフロム・ソフトウェアに限ってはそんなのおかまいなしで、やりたくない、遊びたくないなら触れてくれなくて結構とか、硬派なイメージが漂っている作品が多いんです。

その中でシリーズ化しているキングスフィールドシリーズと、このダークソウルシリーズはやっぱり難しいゲームだろうなと思いました。結構遊び慣れているヘビーゲーマーの人でも合う合わないがある賛否両論のシリーズというかメーカーだと思いますね。単に難しいだけならクソゲーということになるんですが、フロム・ソフトウェアの場合は面白さも一級品なので困るんですよね。

ただやっぱり、客観的に見て不親切なところをゲームの難易度にするところは頂けない点だと思うんですよね。オートマッピングされるような昨今ゲームに慣れている人が多い以上、そういったものも基本的には組み込みつつもゲーム難易度の調整といった感じでユーザーが取捨選択できるようにするほうが、完成度が高いといえると思うんです。それをバッサリと切り捨てて高難易度のゲームというのはやっぱり違うんですよね。単に手抜きと思われても仕方ないでしょう。

フロム・ソフトウェアのゲームにはそういった兆候がいくつも見られるんですよね。このダークソウルにしてもそうです。プレイヤーが何度も同じフィールドを行ったり来たりすることって、ゲーム性として必要かと言われれば不必要じゃないですか。だってゲームは娯楽だもの。それを難易度が高いで切り捨てるのは良くない傾向ですね。

ドラクエやFF、ポケモンなどRPGはゲームの王道タイトル

ドラクエことドラゴンクエストは日本のコンピュータゲームを引っ張ってきたタイトルですが、特に思い出深いのが始めてドラクエが、戦闘画面や移動画面が立体的になった作品です。
これまでのドラクエは平面の画面が特徴で、ちょうど今のスマホゲームのような簡単な操作が魅力的でしたが、立体的になってからはドラクエの世界がひとまわり大きくなったような気がしています。
特にこのシリーズでは、仲間となるキャラクターが面白いのを覚えています。
ヤンガスはおっさんみたいな小柄な身なりをしていますが、主人公のことをとても慕ってくれています。
ヤンガスの攻撃の技のおっさんを呼ぶでは、それはもうすごいことになります。
また、騎士であるククールはキザでナルシストでありますが、ちょっとだけ色気があってかっこいいです。
そしてドラクエではいつも気になる女性キャラクターの、ゼシカはムチ使いというキャラクターに育てることもできました。
あとゼシカの洋服をかわいいものにチェンジして見た目を変化させることもできました。
ドラクエというとバトルやシナリオがメインですが、立体的になったことで視覚的な楽しみを増えました。
ドラクエはこれまで任天堂経由で発売されることが多かったですが、ソニーのプレステでの発売の時期もありました。
現在では任天堂の携帯用ゲーム、ソニーの家庭用ゲームなどとして双方からタイトルが発売されるようになり、老舗の人気タイトルがいまだゲーム界の火付け役になっています。
ドラクエのほかにも、ファイナルファンタジーも人気タイトルの一つで、きれいな画面が魅力的です。
ドラクエと並んで、人気タイトルとして有名ですがこちらは子供向けより少し大人向けの内容かもしれません。
RPGはコンピュータゲームの代表的なものであり、そのハードを表す上でメインとなるタイトルになることも多いと思います。
またポケモンやウイイレなどもシリーズが多く、老舗タイトルは安定した人気があり購入しやすいのです。

幻獣契約クリプトラクトを始めるまでの出来事

いきなり友人が幻獣契約クリプトラクトをやらないかと誘ってきたので、自分は幻獣契約クリプトラクトを始めたのですが、ちょっとメモの代わりという感じでいかにして自分が友人から幻獣契約クリプトラクトに誘われたのかを書いていきますね。
その友人というのは、身長はかなり高めのイケメンで、友人ではあったのですが、今までそんなに積極的にコンタクトはとっていませんでした。
そんな友人がいきなりスマホを持ってきて、「お前もスマホ持ってたよな?」なんて言い始めたので、しっかりと持っていた自分はそれにこたえる形でスマホを取り出しました。
すると友人はいきなり、このゲーム一緒にやろうぜと言って、スマホの画面をこちらに向けてきたのです。
まぁ、自分もゲームはよくやる方だったので、「別にいいよ」おと返事をしてからインストールを開始しました。
インストールはすぐに終わりゲーム画面にスタートの文字が表示され、それをタップするとゲームが始まったのです。
最初はどんなゲームなのか分からなずに戸惑っていたのですが、分からない部分がある時には、友人がとても分かりやすく説明してくれたので、不安な要素はなしにゲームを進めることができました。
ある時、強敵に出会ってしまいゲームが進まなくなってしまったこともあったのですが、その友人はかなりレベルが高かったので、そういったところではすぐに助け舟を出してくれましたね。
そんなこんなでゲームも進んでいくと、自然とその友人との交流も増えていって、いがいな一面なんかもどんどんと見えてきました。
一番驚いたのは、そんなに格好いいルックスをしているのに、彼女がいないということで、別に女に興味がないということではないようです。
今でも幻獣契約クリプトラクトを一緒にやっていて、分からないことがあれば教えてくれたり、いち早く追加されたユニットの特徴を教えてくれたりと、かなり楽しく一緒にプレイできているので、これから始める人にも是非いろいろな人に進めてほしいです。

デフォルメキャラが動き回って素敵な白猫プロジェクト

サービスが開始した当初に同じコロプラのスマホアプリの宣伝バナーから飛んでなんとなく始めてみました。元々やっていたほうのゲームでもストーリーが素晴らしいと思っていたけれど、白猫プロジェクトのほうが立体的なキャラのせいか感情移入しやすくて話が面白いと感じています。だからいつの間にかこちらのアプリばかりやるようになっていて、スマホを触っている時間の半分以上はアプリを立ち上げて遊んでいます。
こんなにハマっている理由はやっぱり、ソシャゲにありがちなシステムのスタミナという概念がないのが大きいでしょう。一度始めてしまうと時間を忘れて白猫プロジェクトの世界に入り込んでいることなんて私にとっては日常的なものです。経験値アップのアイテムを使ったら時間を余らせるのは勿体無いという貧乏性のせいもあって、やめるタイミングがなかなかつかめません。

すぐに強いキャラが追加されていくから、私も少しは課金してどうしても欲しいものだけはゲットしようと頑張っています。ただ、ステータス的にはどんなに勝っていても私はどちらかというと見た目やストーリーに重点を置いているため、古くて微妙なキャラでも左端に置いていたりします。こうしてキャラを愛でることでやる気がアップしてくることもあり、お気に入りのキャラを外さないのは私の中ではとても重要なことなのです。
いつも楽しく白猫プロジェクトを遊んでいるものの、どうやら他のコロプラのゲームよりも高いスペックが要求されるようで、私の年季の入ったスマホだと最近はカクカクするのが目立ってしまいます。ゲームで遊ぶためだけに機種変更するのは思い切ったことなのかもしれませんが、これからも白猫プロジェクトで快適に遊びたいから近いうちに最新のスマホに変えようと考えているところです。
協力プレイをメインに楽しんでいるから、周りに迷惑がかからないようにスムーズに操作をするのも、このゲームでは大切なことかもしれません。

ワンピースファンなら絶対楽しめる、トレジャークルーズ!

今年の5月に1周年を迎えた、大人気アニメワンピースのスマホゲーム「ワンピーストレジャークルーズ」ですが、まだまだプレイ人口は増え続けているようです。
2014年12月の段階で1000万ダウンロードを記録したと聞いたのですが、まだ増えているってもの凄い人気ですね。さすがはワンピーズといったところでしょうか。
私もワンピースファンなのですが、ゲームのスタート地点であるシャンクスの出会いは本当に懐かしく、原作ファンをがっちり掴む演出がなされていて感動しました。
ストーリーは原作に沿った内容となっていて、原作のキャラクター達が次々と登場していく展開は非常にワクワクさせてくれます。
さらに原作ファンにたまらないポイントとなっているのが、原作のキャラクター達を好きなように組み合わせてパーティーを編成出来るというところ。私はシャンクスが大好きなのですが、シャンクスと麦わら海賊団を組み合わせたパーティーで戦ったりと本当に楽しめる内容になってます。
またバトルシステムもターン制になっていて、スマホで主流となっているパズル方式などと違う点も新鮮で良かったです。キャラクターをタップする事で攻撃を連鎖させていくようなシステムなのですが、これもある程度テクニックを要求されるため、自分自身のプレイスキルを向上させるというモチベーションでもプレイ出来る事が個人的には凄く好みな点でした。
特にタップのタイミングを合わせ続けて、パーフェクトな連鎖攻撃が成功した時の爽快感は格別です。
そして各キャラクターは必殺技を常時1つだけ所有する事が出来るのですが、この必殺技がキャラクターのレベルに合わせて進化していきます。
この辺りも、どちらかというと昔懐かしい王道的なRPG要素といった感じで、大人のプレイヤーは王道RPGの良さを再確認出来ますし、お子さんのプレイヤーにとっては簡易的なシステムが遊びやすさを高めてくれると思います。
ワンピースファンなら絶対プレイするべきゲームですし、今までワンピースにハマっていなかった方でも、このゲームをきっかけにファンになってくれるんじゃないかと思います。
是非一度プレイしてみて下さい。

ファイナルファンタジーレコードキーパーはFFファンなら大満足

ファイナルファンタジーレコードキーパーは、ファイナルファンタジーシリーズに登場するキャラクター達を登場させた擬似世界観を舞台とするスマートフォン向けのソーシャルゲームである。このゲームの特徴としては、オリジナルキャラクターであるデシという学者の子供と、ファイナルファンタジーシリーズにお馴染みであるモーグリ(このゲーム内ではドクターとして登場する)やシドを仲間に入れた後に、一緒になった過去のファイナルファンタジーシリーズの世界へ飛び立ち、登場する過去作品のモンスターを一掃しつつ、世界を構築するための記憶を収集していく物語である。このゲームのファンには喜ばしいことに、ファイナルファンタジーレコードキーパーにはたくさんのキャラクターたちが登場する。例えば、FF7はファイナルファンタジーシリーズではとても人気のある伝説的な作品であるが、そのゲームに登場するティファ(主人公キャラのヒロイン的なポジションの女の子)やクラウド(FF7の主人公でありソルジャーという美へ英を名乗る金髪の髪色の少年)が参加している。もちろん参加しているだけでなく、これらのキャラクターたちをユーザーは仲間にすることができ、操作して戦闘に参加させることができる。たまにファイナルファンタジーレコードキーパーの運営はイベントを行っていて、そのイベントはFFそれぞれのタイトルに則ったものとなる。そのイベントをクリアすることで、タイトルに登場するキャラクターを入手するといった仕組みだ。筆者もクラウドやセフィロス(クラウドのライバル的ポジションであり一番人気なのではないかと噂されるイケメンキャラ)が気に入っていて、イベントに参加すると躍起になってキャラクターを手に入れるべく動いている。中にはイベント限定のキャラクターも登場するので、レアリティが高く感じる人も多いことだろう。もし手に入れたならば、このソーシャルゲームをプレイする多くの人にとってはとてもステータスが高く感じることは間違いない。

サブコンテンツ

このページの先頭へ